リスティング広告

リスティング広告をフリーランスに依頼するメリット

リスティング広告の運用代行やマーケティング支援のコンサルティングを行っている曽木です。

過去広告代理店で運用業務や営業、マーケティング支援コンサルティングを行いフリーランスとして独立しました。現在は多くのクライアントさんからお仕事をいただき事業を拡大できる所まで来ることができました。

クライアントの皆さんはフリーランスに依頼するメリットを感じていただいて、私にご依頼されています。

今回はなぜフリーランスに広告代理業務を委託しているのか、そのメリットとは何かについてお話しさせていただきます。

リスティング広告運用代行のフリーランスとは何か、どのような仕事をしているのか

リスティング広告のフリーランスは、ネット広告代理店が行っている業務を少数のプロフェッショナルが一貫して仕事を行っています。少数人数で行うことでクライアントの事業理解が高まり、質の高い提案へとつなげるメリットがあります。

そこでフリーランスのリスティング広告運用代行はどのような仕事を行っているのか、簡単に下記にまとめました。

    • アカウント運用業務
      • 入札価格調整
      • 広告文変更
      • 予算配分調整
      • 配信スケジュール調整
      • デバイス毎の入札比率変更
      • キーワード追加、除外キーワード登録
    • クリエイティブ業務
      • ランディングページ制作のディレクション
      • バナー広告制作のディレクション
    • レポーティング業務
      • 運用報告レポートの作成
      • 改善案、新施策の提示
      • クライアントへの報告業務

私自身はこれに加えてより上段のリスティング広告以外の広告運用代行。クライアント・業種別のリスティング広告戦略立案などを行っています。

広告運用代行をフリーランスに依頼するメリットとは

クライアントと担当者の距離が近く、お客様と同じ目線で会話ができる点です。

広告代理店にお願いすると、営業マンと広告運用担当者と明確に人が違います。そのため営業マンに話したことが実際に手を動かしている運用担当者に伝わりづらくなってしまいます。また広告運用担当者もクライアントに対して直接業界特性など伺うことができないため、より質の高い広告運用を行うことができません。

これはつまり広告の効果が悪くなってしまい、無駄なコストが増えてしまうことに繋がります。

 

一方でフリーランスは営業マンと広告運用担当を兼任しているため、お客様の要望が通りやすいことに加えて業界知識なども十分に備えることができるため、効果の高い広告運用が可能です。

しかしフリーランスのデメリットとしては、人数が限られてしまうため多くの案件を持つことができない事があげられます。

代理店に不満を抱えていたり、自分で運用ができないのであればフリーランスに依頼するべき

私に依頼される方で多い方の特徴はこのような方々です。

  • より売上を上げたい
  • 現在のリスティング広告代理店に不満があり、切り替えたいと考えてる
  • 具体的な施策をわかりやすく共有して欲しい
  • 競合他社の参入でクリック単価が高騰してしまい、どう対応してよいのかわからない
  • リスティング広告運用に十分な時間を割けられない
  • 自社のサービス内容を理解して、広告運用をして欲しい

私はこれらの悩みを解決できるような経験や知識を有しています。

私自身も多くのクライアントさんを抱えているため、そろそろ抱えられるクライアントの限界に来てしまいます。しかし、ご相談は無料でおこなっていますので、これらの不満を抱えている方はぜひ一度ご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

-リスティング広告

© 2022 メカニズムアドエージェンシー|MEO対策/Web広告の専門家